--
    --/--
    *--*
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    戦国ブログ型朗読劇 に行ってきました

    2012
    02/13
    *Mon*
    CATEGORY : 日記 | THEME : 観劇 | GENRE : 学問・文化・芸術
    昨日の夜は知人に誘われて、戦国ブログ型朗読劇、というものを観に行きました。

    戦国ブログ型朗読劇 SAMURAI.com 叢雲-MURAKUMO-

    時は戦国。各地で武将たちが「ブログ」を武器に戦いに明け暮れる日々が続き、歴史は勝者のブログによって改変される。
    織田信長、羽柴秀吉、伊達政宗、上杉景勝。
    現代まで名を残す彼らが書くブログは、主君想いのゴーストライター達によって綴られていた。
    食べログばかり更新する者もおれば、寺を批判して炎上させるものもおり。
    キーボードの音が響き渡る生活の中、時代は織田から豊臣へと渡り、そして――。


    最初にお誘い頂いた時は「戦国ブログ型朗読劇って…何?」と一人困惑し、その疑問を抱えたまま特に詳細を調べることもなく観に行ってしまいました。
    正直そんな生半可な気持ちで観に行ったことを後悔するぐらい、良かったです。

    出演されていたのは、中村悠一さん、杉田智和さん、市瀬秀和さん、松岡禎丞さん、安元洋貴さん。
    どの声も映像や音源で聴いたことはありましたが、こうして生の演技を見るのは初めて。
    演技に人生を左右された、というセリフを時々聴きますが、決して誇張ではないのだなと改めて実感しました。
    ただ声量があるだけではない、芯から震えるような気迫に終始飲まれっぱなしで、身体がぐいぐい前にいって、終わった後は筋肉痛になるんじゃないかと思いました。

    シナリオも想像していたものとは全然違って、笑いも盛り上がりも感動もある生きた本でした。
    「あやつはまた食べログを更新しておる…」
    「打ち首なう!」
    「信長殿がまたblogを炎上させておるぞ!」
    「また誤変換が……」
    等会場中に笑いがあふれるものから、戦いの前の情報戦まで、武将たちがblogをやっていたら本当にこんな感じだったのかもしれないと妙に納得させられてしまいました。
    ただ砕けた始まりから真面目な収束にするまでの過程で、ブログを書く武将と史実を描くことに若干の乖離が見られたような気もしていて、それは次へ向けた課題かなと。

    主役は 大谷吉継・石田三成 の二人。
    最初は大谷が主役かと思って居ましたが、最後まで見た感じだと石田がメインのお話のようでした。
    武将本人たちでなく、その配下の人々にスポットを当てたドラマは歴史に疎い私には新鮮で、勉強不足な自分に恥じ入りたい気持ち。
    同時に、ここで知られて良かったとも思います。
    日本史の知識はほぼ0と言っても過言ではないので、この時代のことをちゃんと知っていたらこの舞台ももっともっと面白く見られただろうと思うと残念です。
    ただ彼らに対する先入観なしに観られたという点では、純粋に楽しめたのかもしれません。
    悲しいからではなく、二人の生き様と心の行きつく先に本人たちの納得が見えたなと思った瞬間、思わず泣いてしまいました。


    和楽器ユニット【WASABI】の生演奏も圧巻でした。
    彼らがいないと始まらない、完成しない舞台。
    私はあまり音楽や楽器に詳しくないのでうまく伝えられませんが、ご一緒したサウンド関係のお仕事をしている方の興奮がとにかくすごかったです。


    帝劇の「滝沢革命」に始まり、今年は舞台に縁がある年なのかもしれません。
    生でしか味わえない臨場感や興奮を浴びると、言いようのない高揚感に包まれます。
    自分も何かしなくちゃ、何か残さなくちゃ、というような……。
    映画やアニメでも似たような感覚を得ることは多いですが、その気持ちが長続きするのはやっぱり直接その場に居合わせることができたからでしょうか。
    この感覚を忘れないうちに動きださなくては!と思いつつ、武将のような影響力を持たない私は世間を騒がせることなくこうしてブログを綴っています。

    最後に演出家の方がおっしゃっていた話に「舞台は出会いと別れ」というようなものがありました。
    ひとところに集まって、同じ空気を感じて、また別れて行く。
    奇跡のような一瞬を同時に体験することができた幸せを、次に繋げられますように。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Comment Form


    秘密にする
     


    TRACKBACK

    TrackBack List



    Copyright © +幸せの足し算+ All Rights Reserved.
    テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
    06
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30

    プロフィール

    秋月しの

    Author:秋月しの
    趣味はお菓子作りと紅茶を淹れること。
    不定期開催・姉妹カフェsweettripの店長兼妹ぴよだったり、中野のメイドバーg-Luv.のクラシカルメイドだったり。

     


     


     


     


    リンクについて

    サイト名:+幸せの足し算+
    管理人:秋乃
    アドレス:http://akinoshino.blog28.fc2.com/
    ※リンクの際は一言ご連絡頂けると幸いです

     


     


     


    検索フォーム

     


    QRコード

    QR

     


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     


    お願い

    このblog内の記事・画像を許可なく無断転載することはご遠慮下さい。

     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。