--
    --/--
    *--*
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    文庫本、って響きが好きで

    2011
    07/05
    *Tue*
    CATEGORY : 小説・漫画 | THEME : 読書 | GENRE : サブカル
    ごきげんよう。
    寒いと朝起きられないので早く夏になれと思っていましたが、暑くても目が覚めないことに気付きました、秋乃です。
    冬生まれですが、夏も結構好きです。小玉スイカ食べたいですね。

    ここ1,2ヶ月ほど、ずっと引きこもって創作と二次創作にいそしんでいました。
    3年ぐらい前から癖になってしまっているのか、キーボードの叩きすぎで腱鞘炎みたな症状が出てきています。
    静まれ俺の右指!的ひとり厨二ごっこしてる余裕がないくらいびりびりきてます。ひぃ!
    マウスを持つ手首も痛くて動かせないのですが、これはトラックボール式にかえる時期ということでしょうか。
    使ったことないのですが、やっぱ良いのかな……。


    先月末は、お友達の誕生日イベントということで、某銃器系メイド喫茶にかず葉さん、リトさんの三人で押しかけちゃいました。
    晩御飯時に行ってがっつりとんかつ定食を注文。さくさくジューシーで一瞬でおなかの中。
    ここはご飯が美味しく雰囲気もよくて、メイドさんがめちゃくちゃ面白いのでついつい長居してしまいます。
    途中、マスターの中にg Luv.のご主人様のお顔も見えたような……?(笑)
    用意したプレゼントを忘れるドジっぷりを発揮して凹んでします。しおりんごめんよ……。


    そうやってぼーっとしている間に、気付けば青木祐子先生のヴィクトリアン・ローズテーラーシリーズ、待ちに待った新刊が出ていました*

    恋のドレスと翡翠の森 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) (コバルト文庫 あ 16-36 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー)恋のドレスと翡翠の森 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) (コバルト文庫 あ 16-36 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー)
    (2011/07/01)
    青木 祐子

    商品詳細を見る


    そろそろ甘々回か!?と思っていたら相変わらずシリアス路線でした。身分違いの恋って憧れるけれど、本当に大変なのね……。
    この作品ですごく納得できるのは、仕立て屋のクリスが「貴族のことは理解できないけれど」という姿勢を貫いているところ。
    あっさりと「貴族ってよく知らなかったけど、実は~なのね」なんて言いださないあたり、労働者と貴族の相容れない育ちや思想の違いが思い知らされます。
    まだまだ波乱は終わらないようなので次回もドキドキしながら待たなくっちゃ。


    こちらは駅の本屋で気になって買った本。
    「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」

    ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
    (2011/03/25)
    三上 延

    商品詳細を見る


    開いた瞬間文字が少し大きかったので、低年齢層向けかな?と思いましたがそんなことはありませんでした。
    無職の主人公と、古書店の店主ながら怪我をして入院中の女性との出会い。本から始まるミステリー。
    謎はいつも古書の知識の中から正解を生み出して、女性はベッドを一歩も動かずその真相に至る。
    ……要約が苦手な私があらすじを書くとより混乱させそうですね。
    日本語の表現がとても美しく、出てくる古書の知識も面白いので、本が好きな方はお好きかな?と思います。
    舞台が大船~鎌倉なところも、この土地が好きな私にはたまりませんでした。

    何だか気付くと本の紹介blogになっていますね、ここ。
    言うほど知識もなく突っ込まれると困っちゃうのでスルーして頂けると嬉しいです;
    今は森博詞氏のスカイクロラを読み始めました。
    映画しか見たことないのですが、その内容も忘れてしまったのでまっさらな気持ちで楽しめそうです。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    銃器系メイド喫茶
    居ましたよ、確実に(笑)
    ご挨拶もせずに大変失礼しました。

    お嬢様がたで歓談中でしたのでお邪魔をするのもどうかと思いまして。

    まぁ、実際はどの距離感で行けばいいかわからなかったから自重しました(笑)


    紹介されてる本面白そうですね。見かけたらあらすじ読んでみます。
    2011/07/05(火) 18:58:49 | URL | こじろう #- [Edit
    Re: 銃器系メイド喫茶
    こちらこそご挨拶もせず失礼しました。
    普段、お店に来て下さる方と外でお会いする機会はないのでなかなか距離感が掴みかねますね;

    小説、今ならきっと平積みで置いてあるところが多いと思います。是非是非。
    相変わらず感情移入しすぎな私は、この本を読んでから古書店店主になりたくてうずうずしています。
    2011/07/08(金) 12:44:24 | URL | 秋乃 #- [Edit

    Comment Form


    秘密にする
     


    TRACKBACK

    TrackBack List



    Copyright © +幸せの足し算+ All Rights Reserved.
    テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
    09
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30

    プロフィール

    秋月しの

    Author:秋月しの
    趣味はお菓子作りと紅茶を淹れること。
    不定期開催・姉妹カフェsweettripの店長兼妹ぴよだったり、中野のメイドバーg-Luv.のクラシカルメイドだったり。

     


     


     


     


    リンクについて

    サイト名:+幸せの足し算+
    管理人:秋乃
    アドレス:http://akinoshino.blog28.fc2.com/
    ※リンクの際は一言ご連絡頂けると幸いです

     


     


     


    検索フォーム

     


    QRコード

    QR

     


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     


    お願い

    このblog内の記事・画像を許可なく無断転載することはご遠慮下さい。

     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。