--
    --/--
    *--*
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ヴィクトリアン・ローズ・テーラー

    2011
    04/06
    *Wed*
    CATEGORY : 小説・漫画 | THEME : ライトノベル | GENRE : 小説・文学
    陽のあたる時間の空気はふんわり体を包む暖かさになり、大分春めいてきましたね。
    けれどまだまだ朝は寒く、お布団から抜け出すのが億劫な毎日です。
    日中は屋内に居ることが多いので季節の変化を感じることも少ないのですが、玄関で飼っているトカゲ達は小屋の外へ出る時間が増え、脱皮も始まったようで、季節が変わったことを感じさせてくれます。
    花の訪れよりも、トカゲの変化で季節を感じるなんてロマンチックとは程遠いですね(笑)
    それでも春は春。
    春が訪れた私の世界は今、先日会った友人に桜の枝とともに渡された1冊の小説でいっぱいです。
    ヴィクトリアン・ローズ・テーラー シリーズ
    「恋のドレスとつぼみの淑女」

    恋のドレスとつぼみの淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) (コバルト文庫)恋のドレスとつぼみの淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) (コバルト文庫)
    (2005/12/22)
    青木 祐子

    商品詳細を見る


    秋乃ちゃん、これきっと好きよ、と言って渡されたこの本は、表紙からしてとても私好みの本でした。
    イラストを描かれているのは、あきさん、という方。
    繊細な線が世界観にとても合っていて、ふわふわした雰囲気なのに芯が強くて、目が吸い付けられるようです。

    舞台はイギリス、主人公は恋を叶えるドレスを作ると噂の仕立て屋「薔薇色(ローズ・カラーズ)」の店主であり店唯一のお針子クリス。
    彼女はドレスを求める人の心のかたちをつかみ、その人のためだけのドレスを仕立てます。
    ドレスを着る人の心に向き合うため、自分の心はからっぽにしようとする彼女ですが、青年貴族のシャーロックが彼の妹のドレスを注文しに来てから交流が生まれ、少しずつその心に変化が生じます。
    少女らしい恋心だけではなく、人を美しく輝かせる彼女のドレスとは逆に人の心の闇を引き出し不幸を呼ぶ闇のドレスの存在、愛人との恋に破れ恋のドレスが作れなくなってしまった母親と闇のドレスとの関わりが彼女を悩ませます。

    とても内気で引っ込み思案な主人公が時折垣間見せる芯の強さや、彼女の親友で一緒にお店を経営している美人で明るく頭が良い親友の機知に富んだ会話、やや傲慢なところもある貴族の意外にかわいらしい一面、ドレスを頼むお客さんの意外な恋の行方など、好きなところが多くてとても語りつくせません。

    まだ4巻までしか読んでいないので、早く続きが読みたくてうずうずしています。
    2巻からは図書館で借りていたのですが、このままだと来週には全巻買い揃えてしまいそう。
    コバルト文庫は小学生~中学生くらいの少女向けだった気がしますが、私はおばあちゃんになっても読み続けたいです。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Comment Form


    秘密にする
     


    TRACKBACK

    TrackBack List



    Copyright © +幸せの足し算+ All Rights Reserved.
    テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
    11
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30

    プロフィール

    秋月しの

    Author:秋月しの
    趣味はお菓子作りと紅茶を淹れること。
    不定期開催・姉妹カフェsweettripの店長兼妹ぴよだったり、中野のメイドバーg-Luv.のクラシカルメイドだったり。

     


     


     


     


    リンクについて

    サイト名:+幸せの足し算+
    管理人:秋乃
    アドレス:http://akinoshino.blog28.fc2.com/
    ※リンクの際は一言ご連絡頂けると幸いです

     


     


     


    検索フォーム

     


    QRコード

    QR

     


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     


    お願い

    このblog内の記事・画像を許可なく無断転載することはご遠慮下さい。

     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。