This Archive : 2011年03月

    --
    --/--
    *--*
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    一人ルイザ・メイ・オルコット祭り

    2011
    03/30
    *Wed*
    「若草物語」の作者、ルイザ・メイ・オルコット女史の「昔気質の一少女 」という作品を読み終わりました。
    田舎生まれの田舎育ち、貧乏に慣れていて、昔気質に毎日を優しく愛情深く生きる元気な少女ポリーが都会のお友達の家に招かれた時のお話です。
    若草物語のジョーが好きな方は、きっと気に入ると思います。

    この前に「ライラックの花の下」も読みましたが、どちらかというと「昔気質~」の方が好きです。
    主人公が女の子だからかもしれません。
    自分では意識していませんでしたが、案外ロマンスめいたお話が好きなようです。
    特に、快活で飾り気がなく、ちょっと風変わりな女の子が主人公だとなお相性が良いですね。
    親のお金で着飾るような、気取った気だるい少女を黙らせた時なんかは清々しい気持ちになります。
    と同時に、自分も彼女に叱られたような気分になるので良い教訓にもなります。

    現在同じくオルコット女史の「花物語」を読んでいますが、訳が合わなくてなかなか進まないでいます。
    倒置文が多く説明下手で、まるで中学生の初めての英語訳のようです。
    読みやすくしようとすると意訳になっていくから敢えてこうされたのでしょうか。
    とはいえ昭和44年発行の本ですから、当時の日本語と現代日本語に慣れた今の私が合わないのは仕方ないことかもしれません。

    そういえば小学生の頃、よく外国文学、それも同じ作品の訳者が違うものを読むことにはまった時期がありました。
    訳者によって、元は同じはずの作品が随分違った印象になるのだと思ったものです。
    このことをもっと追求していたら、今頃自分で原文を読むこともできたかもしれないのに……随分とサボってしまいました。
    いい機会なので、何か簡単な物語を原文で読むチャレンジをしたいところです。
    オススメの物語がありましたらどなたか教えてくださいな。
    スポンサーサイト

    Copyright © +幸せの足し算+ All Rights Reserved.
    テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
    03
    1
    4
    5
    7
    9
    10
    13
    14
    15
    16
    18
    19
    21
    23
    24
    27
    29
    31

    プロフィール

    秋月しの

    Author:秋月しの
    趣味はお菓子作りと紅茶を淹れること。
    不定期開催・姉妹カフェsweettripの店長兼妹ぴよだったり、中野のメイドバーg-Luv.のクラシカルメイドだったり。

     


     


     


     


    リンクについて

    サイト名:+幸せの足し算+
    管理人:秋乃
    アドレス:http://akinoshino.blog28.fc2.com/
    ※リンクの際は一言ご連絡頂けると幸いです

     


     


     


    検索フォーム

     


    QRコード

    QR

     


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     


    お願い

    このblog内の記事・画像を許可なく無断転載することはご遠慮下さい。

     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。