This Category : 紅茶・カフェ

    --
    --/--
    *--*
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スーパーモンブラン

    2013
    12/09
    *Mon*
    CATEGORY : 紅茶・カフェ | THEME : スイーツ | GENRE : グルメ
     画面が切り替わった瞬間、思わず吹き出した。
    (スーパーモンブランって……)
     ホテルニューオータニのモンブランが美味しいらしい。ついでにパンケーキも美味しいらしい。
     会社の廊下でばったり出会った同僚さんから声をかけられた直後、口にしていた。「あの、私今週の土日空いてます」
     1分を待たずして決まった休みの予定。こと食べ物に関しては、躊躇という単語を知らない。
     気分はWのフィリップ。さぁ、検索を始めよう。キーワードは?『ニューオータニ モンブラン』
     数秒後、目に飛び込んできた単語はスーパーモンブラン。
     プレミアムでもスペシャルでもなく、スーパー。なんだろう、この、ちょっとダサい感じ(失礼)。膨らんだ期待が萎んでいくのを宥めつつ、商品ページに飛んでみる。
     商品写真の陰影具合はまるで王者の貫禄。ツヤっと鈍く輝く表面から重厚な雰囲気が伝わってくる。ずっしり、してそう。重そうなクリームを支えている土台のタルトらしき部分が可哀想に思えてくる。
     ホクホクとした和栗本来の味にこだわった季節限定モンブラン。お値段1,575円也。
    (たっか……!)
     いつも値段の話をしている気がしていてお恥ずかしいが、高いから美味しいというわけではないし、財布を気にせず無限に欲しいものを食べられる立場ではないから、やっぱり重要だ。お会計のときに「お金足りません」なんて言えないもの。
     比較できるものがなく大きさは分からないが、想像するに、成人女性の握りこぶしよりちょっと小さいくらい。アンジェリーナのモンブランのデミサイズとオリジナルサイズの丁度中間ぐらいなのではなかろうか。
     ページをふらふらしていると、スーパーシリーズをいう単語が目に入ってくる。もしかして。
     思ったとおり、そこには「スーパーメロンショートケーキ」だの「スーパーpureプリン」だの、スーパーと名のつくスイーツたちが紹介されていた。何がそんなにスーパーなの。普通のとどう違うの。どうしてここの写真はケーキにこんなに陰影をつけるの。すっかり術中にはまってしまい、俄然土曜日が楽しみになってくる。
     きっとこれがプレミアムモンブランって名前だったら、こんなにワクワクはしなかったんだろうなぁ。


      
    スポンサーサイト

    週末の美味しい時間とわくわくの連休

    2012
    09/15
    *Sat*
    CATEGORY : 紅茶・カフェ | THEME : カフェ | GENRE : グルメ
    今日から、二泊三日で長野旅行。
    メンバーは私、かずはさん、ありこさん、リトさん、ケルトさん。
    「あの夏で待ってる」というアニメの聖地巡礼に行こう!という話で決まったのですが、普通にまったり旅行になりそうな感じ。
    実はまだ、ケルトさんにはお会いしたことがないのですが、きっと楽しいはず!
    六時起きなのに興奮しちゃって寝つけません。

    なので、新しく見つけたカフェの話でも。

    神楽坂の紅茶専門店メゾン・ド・ボウ

    神楽坂の坂道の、少し脇道に入ったところにあるお店です。
    いつも時間帯が合わなくてなかなか行けなかったのですが、偶然開いていたのでこれは今日行く運命なんだ!と思って行ってきました。

    残念ながら食事は終わっていて、頂いたのはダージリンのセカンドフラッシュ「エデンベール農園のクイーンズディライト」とオレンジのシフォンケーキ。

    ダージリンの中でも私はセカンドが一番好きなのですが、このクイーンズディライトは今まで飲んだどのセカンドとも違いました。
    違いは水色から一目瞭然!
    001_20120915005424.jpg
    セカンドともファーストとも違った薄いお色です。
    揉捻していないらしく、ポットの中の茶葉を見たらすごく大きく広がっていました。
    味は色のイメージと同じく、白茶に似ているかなぁ?という印象。
    よくよく味わうとちゃんとセカンドらしい甘みもあって、何だか不思議な感じでした。
    オレンジシフォンの淡い酸味にとても良く合っていて美味しかったです。

    このお茶に合わせるなら、と店員さんにすすめられて選んだオレンジシフォンケーキ。
    002_20120915005423.jpg
    これもすっごく美味しかった!
    中の生地はふんわり、外側は砂糖のコーティングがしゃりっとしていて舌触りがとても良いのです。
    オレンジの香りもきつすぎなくて、お茶と戦わない自然な酸味。
    生クリームもその場で泡だててくれていたのか…柔らかくて、甘すぎない、良いアクセントでした。

    変わり種で頼んだダージリンもとても美味しかったですが、今年はマーガレッツホープ農園のセカンドが素晴らしい出来だということなので、シーズンが終わる前に飲まなくては!と思っています。
    このお店のスコーンもオレンジパウンドも試してみたい!
    平日はケーキが100円引きなので、2つ食べるのもありですよ♪と言われました。
    確かにここのケーキなら余裕で2ついけそうです。

    お気に入りの店がまた一つ増えて幸せ。
    さて、そろそろ寝なくては、本格的に旅行に差支えそうです。
    おやすみなさい。

    キャラメル夫人の誘惑

    2011
    10/04
    *Tue*
    寒さに一度ぶるりと震えてから目が覚める日々が始まりました。
    明日は一段と冷え込むそうですね。
    季節の変わり目に風邪をひくと長引く傾向にあるので(私だけかもしれませんが…)皆様お気をつけて。

    寒い季節といえば温かい飲み物が恋しくなりますね。
    最近毎日のように淹れている紅茶をご紹介します♪

    英国ウェッジウッド紅茶ロンドンベアコレクション アソートティーバッグ英国ウェッジウッド紅茶ロンドンベアコレクション アソートティーバッグ
    ()
    ウェッジウッド

    商品詳細を見る



    実はこれ、実の妹から内祝いにもらったものなんです。
    母にはウェッジウッドのワイルドストロベリーの珈琲カップ、私には紅茶などなど。
    全員に同じものを渡すのではなく、相手によって全部違うものを選んだのだと聞いて感動しました。
    プレゼントやお返しを選ぶとき、もらった相手の顔を思い浮かべられるってすごく素敵!

    さて、紅茶の話に戻ります。
    このアソートセットにはアフタヌーンティ、イングリッシュブレックファスト、キャラメルの3種類のティーバッグが入っていました。
    ウェッジウッドの紅茶は大好きなのですが、普段自分では茶葉でしか紅茶を購入することがないので、こうやってパッケージを見るだけでもすごく新鮮。
    可愛らしいベア柄が内祝いにぴったりだと思いました。

    そうそう、たまに茶葉から淹れた方が美味しいんでしょ?と聞かれることがありますが、そんなことはありません。
    ティーバッグもきちんとしたルールにのっとって淹れたら、それだけで格段に味が変わります。
    ってなんだか偉そうですね……。
    一応紅茶コーディネーターの資格はとったのですが、まだ全然活用できていないので……機会があればスイトリで三大紅茶のテイスティング会とかやってみたいです。

    ティーバッグでも美味しく淹れるコツは簡単に以下の3つ。

     ・カップをしっかり温めておく
     ・沸かしたてのお湯を使う
     ・お湯をいれたら蓋をして蒸らす

    あとは茶葉にあった時間蒸らせばOKです。
    ひとえにティーバッグと言っても、茶葉の形はそれぞれなので確認してみてくださいね。

    ああ、また話が脱線してしまいました。
    このアソートセット、上手い具合に時間ごとにぴったりあった飲み方ができるので重宝しています。

    朝はイングリッシュブレックファストを濃いめに淹れてミルクティに。
    昼はアフタヌーンティをストレートで。
    夜は食後や就寝前に、キャラメルをミルクティで。

    キャラメルは普段ピュアティーばかり飲むので新鮮でした。
    フレーバーばかりだと疲れてしまいますが、残りの2種類は違うので良いアクセントです。
    紅茶をプレゼントにすることはよくあるのですが、大体1種類に絞ってしまうので、こんな風にアソートされてるのもありだなと思いました。
    贈り物だけでなく日常的にも楽しめるセットでオススメです♪



    イギリス一美味しいスコーン

    2011
    05/25
    *Wed*
    CATEGORY : 紅茶・カフェ | THEME : ♪おすすめ♪ | GENRE : グルメ
    図書館で借りてきた紅茶の本。
    大当たりだったのでご紹介。

    「イギリスでお茶を―スコーン&クロテッドクリーム&アフタヌーンティー、おいしい旅へ」

    イギリスでお茶を―スコーン&クロテッドクリーム&アフタヌーンティー、おいしい旅へ (セレクトBOOKS)イギリスでお茶を―スコーン&クロテッドクリーム&アフタヌーンティー、おいしい旅へ (セレクトBOOKS)
    (2006/10/01)
    小関 由美

    商品詳細を見る


    著者の方が、ティーハウスやクロテッドクリームを探してイギリスの田舎を中心に旅するエッセイです。
    紅茶関連のお店や食べ物が沢山紹介されていて、写真を見ているだけでも楽しいのですが、何より良かったのはスコーンのレシピ。
    この本にはいくつか料理上手な方のレシピが紹介されているのですが、その中でも「イギリス一美味しい メアリのスコーン」というレシピがホントに素敵!!
    型抜きしないタイプなので、適当な私が作ると結構見た目がひどいことになります。
    岩がごろごろーってなって、しかもくっついちゃってる。
    でもね、ホントにホントにイギリス一美味しいって言葉は間違いじゃないと思うくらい美味しい!
    本を借りてから1ヶ月で4回は作りました。
    1回に小ぶりのものが12個ほどできますが、作ったら最後、一瞬でぺろりと平らげてしまいます。
    ジャムを付けると美味しいけれど、無くても気にならない、それぐらい美味しい。
    外がサクっとして中がふわっとして、これぞ食べたかったスコーン!
    ティーパーティで出したときも、個人的にioに作ったときも、どちらも大絶賛してもらえました。
    私もう、このスコーンしか家で焼かないかも……と思うくらい他のレシピを試す前にこれを作ってしまいます。
    スコーン好きさんは是非試してみてください。

    ポイントは、出来るだけ冷やした状態で作業すること。(手が熱い人は、ポテトマッシャーなんか使うと良いです)
    牛乳は何回かに分けるんじゃなくて、一度にどばっと入れたほうがいいみたいです。
    どちらもioがうちで失敗してたので(笑)
    あとはやっぱり焼きたてを食べるのが一番美味しいですね。
    慣れると30分ぐらいで焼けちゃうので、突然の来客にも便利です。

    というわけで今日も焼きます。ふふー。

    ウェッジウッド*イングリッシュブレックファスト

    2011
    02/04
    *Fri*
    毎日当たり前のように飲んでいるお茶類。
    紅茶や日本茶、中国茶。
    折角なので、今日から銘柄や味など控える試みを始めようと思います。
    その日の飲み方や気分、合わせた食べ物等々。
    個人的な覚書ですので、主観も多分に入ることと存じます。
    専門家ではないので、間違った解釈があっても多めに見てやってください。


    さてさて、そんなわけで昨日の夜はスタバのザッハトルテをお持ち帰りしたので早速紅茶を淹れました♪
    スタバでケーキの持ち帰りが出来るとは知らなかったのですが、一応希望者のために箱は用意してくれているそうです。
    (全ての店舗かどうかはわかりません)
    ただし、保冷材の用意まではありませんとのこと。
    正直、スタバはドリンクよりケーキが好きなので嬉しいです。
    何て言ったら怒られてしまいそうですけれど。
    ストローを刺すタイプのジュース以外、飲みたいと思うものがないのですもの仕方ありません……。
    ショートサイズの量からして多すぎると思うんです……。

    ケーキや焼き菓子の揃えは豊富で、とってもお気に入りです。
    マシュマロクッキーやベリークリームの乗ったマフィン、アイシングがいっぱいかかったアメリカンな三角スコーンは大好物です。
    その中でも特にお気に入りなのが、ザッハトルテ。
    数年前の冬に見つけて以来、毎年冬が来ると捜し求めるリピーターになっていますv
    昨年クリスマス時期には白いザッハトルテが出ていましたが、ザッハは黒に限りますね。
    今年の冬も出ていて良かった!

    そんな大好きザッハと合わせた紅茶はこちら。


    ■WEDGWOOD ENGLISH BREAKFAST TEA

     ○基本情報
     輸入元 :ウォーターフォード・ウエッジウッド・ジャパン(株)
     シリーズ:ウェッジウッド ファインティー
     原材料 :紅茶
     種類  :リーフ
     等級  :BOP
     推奨抽出時間:2分から2分半
     原産国:インド(アッサム)、スリランカ、ケニア
     ブレンド国:イギリス
     商品説明:厳選されたアッサム、ケニア、セイロンティーのブレンドがもたらす豊潤な香りと深い味わいは、目覚めを爽やかにしてくれます。ミルクティーに最適。

     ○今回の飲み方
     
     茶葉の量  :ティースプーンすりきり3杯
     水の量   :500cc
     抽出時間  :2分50秒
     飲み方   :イングリッシュミルクティー
     ミルク   :低温殺菌牛乳(タカナシ)
     砂糖    :なし
     合わせたもの:ザッハトルテ(スターバックス)
     飲んだ時間 :23時半
     
     
     淹れ終わった後の茶葉の香りはどっしりしていて、ちょっと麦芽っぽい?感じ。
     アッサムをベースにしているのかな?
     ストレートで1口飲んでみましたが、抽出時間のわりに濃くはなかったかも……。
     水の入れ過ぎかもしれない。
     とはいえストレートでは味がきつすぎるように感じたので、ミルクはたっぷりいれてみた。
     不思議なのは、ストレートで飲むよりも喉越しがあっさりすること。
     ストレートの時に感じるトゲトゲした感じが、ミルクで中和されているのかな。
     低温殺菌牛乳であれば、少々多く入れてももったりしたり、牛乳にありがちな焦げ臭や甘ったるい香りで気持ち悪くなったりはしないから。
    これが普通の牛乳だったら、とてもじゃないけどザッハとは合わせられない気がする。
    舌触りは良くさっぱり飲めて適度に苦味があるので、甘ったるいザッハのコーディングもさらさらと洗い流してくれて……ザッハあともう2個くらいいけそう……。
     
     メモ:
     薄めに淹れてしまったせいか、がぶ飲みしてしまったのが難点。
     次は水の分量調節をする。
     
     本来は目覚めの一杯のためにブレンドされた紅茶ということだけど、お気に入り過ぎて何時でも飲んでしまう。
     夏には中々手を出しにくいから、今のうちに沢山飲んでおこうっと。
     
     
    ウェッジウッド ティー イングリッシュ ブレックファストウェッジウッド ティー イングリッシュ ブレックファスト
    ()
    ウェッジウッド

    商品詳細を見る

    Copyright © +幸せの足し算+ All Rights Reserved.
    テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
    11
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30

    プロフィール

    秋月しの

    Author:秋月しの
    趣味はお菓子作りと紅茶を淹れること。
    不定期開催・姉妹カフェsweettripの店長兼妹ぴよだったり、中野のメイドバーg-Luv.のクラシカルメイドだったり。

     


     


     


     


    リンクについて

    サイト名:+幸せの足し算+
    管理人:秋乃
    アドレス:http://akinoshino.blog28.fc2.com/
    ※リンクの際は一言ご連絡頂けると幸いです

     


     


     


    検索フォーム

     


    QRコード

    QR

     


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     


    お願い

    このblog内の記事・画像を許可なく無断転載することはご遠慮下さい。

     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。